平成15年10月24日~26日に相模湾で開催された海上自衛隊観艦式の模様をレポート。

ゲートをくぐると自衛隊のマスコットキャラ、ピクルス君とパセリちゃんが出迎える。

海上自衛隊横須賀基地、吉倉埠頭に並ぶ海自の護衛艦群。

今回乗船するのは、護衛艦「たちかぜ」(DDG-168)。 我が国初のコンピュータ搭載型ミサイル護衛艦。全長145m、基準排水量3850t、6万馬力、最大速力32Kt、乗員236名。

出迎える乗員。太刀風とは、刀を振ったときに巻き起こる風を意味する。 この船、なんと、護衛艦隊の旗艦。つまり、海自の艦船主力部隊の司令官が乗船するのだ!!

これが司令官の乗る印、海将旗。DDG「たちかぜ」は昭和51年3月に竣工した。艦齢28才だが、あと3年ほどで退役となる。

出航まで時間があるので、食堂にて休憩。お茶や乾パンなどの無料配布があった。非常食の乾パンではあるが、やけにうまい!!

食堂脇に飾ってあった、ロープ結びのサンプル。

太刀風の武装を紹介。艦両舷にある20mm機関砲。愛称ファランクス。発射速度は毎分約3000発。

艦首にある54口径5インチ単装速射砲。口径は126mmなのだが、旧型のため、126mm速射砲とは異なり、人が乗り込んで操作する。発射速度は毎分約30発。

小型艦船には76mm速射砲、大型艦船には126mm速射砲が搭載されている。前回乗った「はつゆき」は76mmが搭載されていた。

速射砲のすぐ後ろには、アスロック発射装置。潜水艦攻撃用の魚雷を遠距離に飛ばすため、魚雷の後部にロケットを付けて発射、魚雷は目標上空でパラシュートを開き着水する。

発射炎は強烈で甲板は真っ黒く焼きただれてしまい、甲板のペンキはすべて塗り替えるそうだ。そもそも戦闘時は甲板に可燃性のペンキは塗らないようだが。

艦尾には「たちかぜ」級独自のスタンダード対空ミサイル発射装置がある。この対空ミサイルシステムを「ターターシステム」と呼ぶ。当初はターターミサイルだったが、現在ではより進化したスタンダードミサイルをターターシステムで制御している。
形式名はMk13MOD1、射程30km、長さ4.5m、重量610kgのセミアクティブホーミング式のミサイルだ。
艦側がレーダーで同時に2目標を監視しつつ目標の未来位置へ発射、誘導、目標へ近づいたら、ミサイル自らが発するレーダー波によって目標を追尾、撃墜する。青いミサイルは模擬弾。実弾は白色。発射台甲板下に最大40発のミサイルが直立格納されている。

スタンダードミサイル発射装填の映像
(MOV形式、2.4MB、右クリックで対象ファイル保存してご覧ください)

ブリッヂ上部甲板に設置してあった銃座。MINIMIやM2、MG62機関銃が装着可能。

艦両舷にあるチャフ発射装置。
そのほかには3連装短魚雷発射管なども装備。

まだ演習海域には時間があるので艦内を散策。
これは3次元レーダー。くるくる回っている。

当たり前だが、双眼鏡やジャイロは必ず装備されている。

まずはブリッヂへ。 船員と一般市民でごった返す。

「はつゆき」同様にブリッヂ右後ろには必ず航海地図テーブルがある。

水上レーダーをモニターする隊員。

浦賀水道と、東京湾の千葉側がよく見える。

航海用の掲示板。

ブリッヂ上部甲板から進行方向を望む。この日はドピーカン。最高にすがすがしい!!

遭難用発信器。使用していないため日焼けしている。

GPSアンテナ。 大島、初島、熱海が見えてきたあたりでそろそろ演習海域の相模湾ど真ん中。

左舷に海士が整列する。観艦式の始まりだ。

まずは観閲部隊が左舷を通過、先頭はDD「むらさめ」 4550t

つづいて第1護衛隊群(横須賀)の旗艦DDH「しらね」。5200t

第1護衛隊群、最新のイージス艦、DDG「きりしま」。7250t

第1護衛隊群、むらさめ級7番艦、DD「いかづち」4,550t

第2護衛隊群(佐世保)、あさぎり級2番艦、DD「やまぎり」3500t

第3護衛隊群(舞鶴)、DD「ゆうぎり」

第3護衛隊群、DD「はまぎり」

その後、艦は転進、その光景のすごさと言ったら圧巻。見渡す限り自衛隊の船。大パノラマだ。
■海自の艦艇部隊編成について
ちょっとここで海自の艦艇部隊の編成についてお勉強しましょう。
海自の艦艇部隊は大きく分けて、主力となる「自衛艦隊」と、5つの「地方隊」からなります。自衛艦隊はさらに「護衛艦隊」、「潜水艦隊」、「掃海隊群」に分けられます。護衛艦隊はさらに、「第1護衛隊群」から「第4護衛隊群」の4つで編成され、横須賀、佐世保、舞鶴、呉をそれぞれ母港としています。潜水艦隊は2つの潜水隊群で編成され、呉と、横須賀を母港としています。
一つの護衛隊群は「八八艦隊構想」と言って、8隻の護衛艦と8機の哨戒ヘリコプターからなります。現在はDDHを旗艦として、5隻のDD、2隻のDDGという編成になります。DDHとはヘリコプター護衛艦、DDGはミサイル護衛艦、DDは護衛艦を意味します。

自衛艦隊 護衛艦隊 第1護衛隊群(横須賀)
第2護衛隊群(佐世保)
第3護衛隊群(舞鶴)
第4護衛隊群(呉)
潜水艦隊 第1潜水隊群(呉)
第2潜水隊群(横須賀)
掃海隊群(横須賀)
横須賀地方隊
呉地方隊
佐世保地方隊
舞鶴地方隊
大湊地方隊

普段はあまり見ることができない潜水艦も! 「なるしお」

「あきしお」

「ゆきしお」

「さちしお」逆光だし船体番号もなく、真っ黒。
潜水艦は区別が付かない。

第2護衛隊群所属、むらさめ級3番艦「ゆうだち」

掃海母艦 「うらが」

掃海艇「やえやま」

輸送艦「くにさき」。おおすみ級の3番艦で15年に竣工したばかり。8900トンの巨体はまるで空母を連想させる。

P-3C対戦哨戒機

E-2C早期警戒機 (空自)

RF-4E偵察機(空自)

F-15J戦闘機(空自)

SH-60J

CH-47

TC-90

US-1A

護衛艦から放たれた、ボフォース対潜ロケット弾が着弾

126mm砲も水上で炸裂!! 少し遅れて爆音と衝撃が伝わる

潜水艦の緊急浮上

SH-60JがDDHの甲板から離陸。

護衛艦がフレアを発射 。また、甲板散水を行って、補給艦を防御する。

その横を補給艦が補給しながら通過。

IRフレアは水上でもしばらく発光し、煙を噴いている。

SH-60JがIRフレアーを発射。

P3Cが対潜爆弾を投下。水中を介して衝撃がガツンと伝わってくる。

US-1Aが離着水を披露。

高速ミサイル艇、826「くまたか」 50ノットも出る。

高速ミサイル艇、827「おおたか」 とにかくスピードが速い。

LCAC、ホバークラフト

DDG「はたかぜ」。艦首にスタンダードSAM単装発射機を備える変わった艦容。

http://www.blog.phantom-web.com/wp-phantom/wp-content/uploads/2016/10/title-12.jpghttp://www.blog.phantom-web.com/wp-phantom/wp-content/uploads/2016/10/title-12-150x150.jpgphantomイベントレポート平成15年10月24日~26日に相模湾で開催された海上自衛隊観艦式の模様をレポート。 ゲートをくぐると自衛隊のマスコットキャラ、ピクルス君とパセリちゃんが出迎える。 海上自衛隊横須賀基地、吉倉埠頭に並ぶ海自の護衛艦群。 今回乗船するのは、護衛艦「たちかぜ」(DDG-168)。 我が国初のコンピュータ搭載型ミサイル護衛艦。全長145m、基準排水量3850t、6万馬力、最大速力32Kt、乗員236名。 出迎える乗員。太刀風とは、刀を振ったときに巻き起こる風を意味する。 この船、なんと、護衛艦隊の旗艦。つまり、海自の艦船主力部隊の司令官が乗船するのだ!! これが司令官の乗る印、海将旗。DDG「たちかぜ」は昭和51年3月に竣工した。艦齢28才だが、あと3年ほどで退役となる。 出航まで時間があるので、食堂にて休憩。お茶や乾パンなどの無料配布があった。非常食の乾パンではあるが、やけにうまい!! 食堂脇に飾ってあった、ロープ結びのサンプル。 太刀風の武装を紹介。艦両舷にある20mm機関砲。愛称ファランクス。発射速度は毎分約3000発。 艦首にある54口径5インチ単装速射砲。口径は126mmなのだが、旧型のため、126mm速射砲とは異なり、人が乗り込んで操作する。発射速度は毎分約30発。 小型艦船には76mm速射砲、大型艦船には126mm速射砲が搭載されている。前回乗った「はつゆき」は76mmが搭載されていた。 速射砲のすぐ後ろには、アスロック発射装置。潜水艦攻撃用の魚雷を遠距離に飛ばすため、魚雷の後部にロケットを付けて発射、魚雷は目標上空でパラシュートを開き着水する。 発射炎は強烈で甲板は真っ黒く焼きただれてしまい、甲板のペンキはすべて塗り替えるそうだ。そもそも戦闘時は甲板に可燃性のペンキは塗らないようだが。 艦尾には「たちかぜ」級独自のスタンダード対空ミサイル発射装置がある。この対空ミサイルシステムを「ターターシステム」と呼ぶ。当初はターターミサイルだったが、現在ではより進化したスタンダードミサイルをターターシステムで制御している。 形式名はMk13MOD1、射程30km、長さ4.5m、重量610kgのセミアクティブホーミング式のミサイルだ。 艦側がレーダーで同時に2目標を監視しつつ目標の未来位置へ発射、誘導、目標へ近づいたら、ミサイル自らが発するレーダー波によって目標を追尾、撃墜する。青いミサイルは模擬弾。実弾は白色。発射台甲板下に最大40発のミサイルが直立格納されている。 スタンダードミサイル発射装填の映像 (MOV形式、2.4MB、右クリックで対象ファイル保存してご覧ください) ブリッヂ上部甲板に設置してあった銃座。MINIMIやM2、MG62機関銃が装着可能。 ...ミリタリーサープラス・アウトドアグッズショップ ファントムブログ