迷彩(カモフラージュ)。すでに誰でも知っている柄ですよね。 カモフラージュが軍で使用されるようになったのは第一次世界大戦からと言われています。

迷彩の代名詞ともいえるアメリカ軍にいたってはヴェトナム戦争以前までハンティング用の迷彩を使用していました。
ヴェトナム戦争でようやく迷彩の重要性に目覚めてからの進化はすごいのですが、近年迷彩の常識を打ち破ったのがA-TACSと言えます。

米陸軍特殊部隊が使用しているA‐TACS iXから始まったXプラットフォ-ム。

写真:A-TACS iXを使用する米陸軍特殊部隊

今回かねてより同特殊部隊その他司法機関等から開発依頼のあったXプラットフォームをベースにしたグレー系のカモフラージュとしてA-TACS GHOSTが作られました。 


このカモフラージュはアーバンオペレーションが最大の目的として開発され、近年注目度が非常に高まっているウルフグレーや、既存の司法機関が採用しているブラック系のエクイップメント等も、
そのまま利用出来る色合いの迷彩です。今後の都市地域型オペレーションや戦闘では欠かせないポジショニングを持ってきます。

その名も A-TACS GHOST !!

通常迷彩に新色が加わる時はアメリカのSHOT SHOWで全世界に向けて告知されるのですが、このGHOSTはほとんど情報公開されないまま生産が開始されました。

そして発売とほぼ同時にファントムに入荷 !! 実は秘密裏にGHOSTの開発が始まった時点で情報をキャッチしていたのです。

現時点でミリタリースペックのNYCO 50/50リップストップにnIR対応の生地の供給が限定で開始された。ユニフォーム等の製品を生産をしている会社は、米国タクティカルパフォーマンス社とURタクティカル社の2社のみに限定されております。

軍需要が優先されるため初回ロットの少数のみしか入荷していませんが、目が離せない注目のカモフラージュです !!


phantomWhat's New通信販売部A-TACS,GHOST,カモ,カモフラージュ,ゴースト,最新,迷彩迷彩(カモフラージュ)。すでに誰でも知っている柄ですよね。 カモフラージュが軍で使用されるようになったのは第一次世界大戦からと言われています。 迷彩の代名詞ともいえるアメリカ軍にいたってはヴェトナム戦争以前までハンティング用の迷彩を使用していました。 ヴェトナム戦争でようやく迷彩の重要性に目覚めてからの進化はすごいのですが、近年迷彩の常識を打ち破ったのがA-TACSと言えます。 米陸軍特殊部隊が使用しているA‐TACS iXから始まったXプラットフォ-ム。 写真:A-TACS iXを使用する米陸軍特殊部隊 今回かねてより同特殊部隊その他司法機関等から開発依頼のあったXプラットフォームをベースにしたグレー系のカモフラージュとしてA-TACS GHOSTが作られました。  このカモフラージュはアーバンオペレーションが最大の目的として開発され、近年注目度が非常に高まっているウルフグレーや、既存の司法機関が採用しているブラック系のエクイップメント等も、 そのまま利用出来る色合いの迷彩です。今後の都市地域型オペレーションや戦闘では欠かせないポジショニングを持ってきます。 その名も A-TACS GHOST !! 通常迷彩に新色が加わる時はアメリカのSHOT SHOWで全世界に向けて告知されるのですが、このGHOSTはほとんど情報公開されないまま生産が開始されました。 そして発売とほぼ同時にファントムに入荷 !! 実は秘密裏にGHOSTの開発が始まった時点で情報をキャッチしていたのです。 現時点でミリタリースペックのNYCO 50/50リップストップにnIR対応の生地の供給が限定で開始された。ユニフォーム等の製品を生産をしている会社は、米国タクティカルパフォーマンス社とURタクティカル社の2社のみに限定されております。 軍需要が優先されるため初回ロットの少数のみしか入荷していませんが、目が離せない注目のカモフラージュです !!ミリタリーサープラス・アウトドアグッズショップ ファントムブログ