世界でも最も進んだ装備を誇る米軍。特にミッションに最適な装備をチョイスできる特殊部隊はめまぐるしく変わる危機に対応して、装備の進化も迅速です。

テロや銃器犯罪が多発する情勢の中、かねてからA-TACS ixを使用している米陸軍特殊部隊グリンベレーの依頼でA-TACS ixプラットフォームを使い、都市部での迷彩効果が高いグレイ系のA-TACS GHOST(ゴースト)が開発されました。A-TACSを開発したDCS社(Digital Concealment Systems)にはかねてから司法機関等からのグレー系のカモフラージュの要望も多くあり、米特殊部隊の依頼がトリガーとなりました。

一般的に迷彩の新色は世に出る前にアメリカのショットショーや各ミリタリーイベント、ネット情報などで公開される物ですが、このA-TACS GHOSTだけはどこにも情報が公開されないまま製品としていきなり出てきた迷彩。まさにゴースト(幽霊)なのです。

製品はA‐TACSカモフラージュパターン開発当初からのブランドパートナーであるタクティカルパフォーマンス社からレリース。 
近年注目度が非常に高くなって来ているウルフグレーや、既存の司法機関が採用しているブラック系のエクイップメント等も、そのまま利用出来る色合いの迷彩柄は、今後の都市地域型オペレーションや戦闘では欠かせないポジショニングを持つとされています。

ファントムに入荷中のA-TACS GHOSTアイテムの一部をご紹介いたします。※下記以外にもBDU、装備品を多数入荷しておりますので、そちらも是非ご覧くださいませ。

 

現時点でミリタリースペックのNYCO 50/50リップストップにnIR対応の生地の供給を受け、ユニフォーム等の製品を生産をしているの会社は、米国タクティカルパフォーマンス社とURタクティカル社に限定されています。 TP社製品の日本での販売はファントム限定です。

実はA-TACS GHOST発表前にファントム諜報部に寄せられた極秘情報では、A-TACSの新色はとある戦闘ゲームとのコラボで、ゲーム中で特殊部隊が着用する都市型迷彩との事だったのです。そして、送られてきた極秘資料のそれはほとんど今回入荷したA-TACS GHOSTと同じでした。そして名称はとあるゲームタイトルと同じGHOSTだったのです。この情報が嘘なのか誠なのか、それとも新型迷彩の情報をグリンベレーが極秘扱いにするためだったのかは謎のままです。(実話です)

また、冒頭にも書きましたが、迅速に対応する特殊部隊の装備を紐解くと、今後の戦闘地域のヒントにもなります。
都市型迷彩が必要と言う事は、近い将来都市部での特殊部隊の展開が想定されると言う事です。
意外と身近な所にも世界情勢が反映されているのですね。


phantomWhat's New通信販売部A-TACS,A-TACS GHOST,BDU,CAMO,GHOST,SEALS,グリンベレー,コンバット,シャツ,トラウザーズ,パンツ,特殊部隊,装備,迷彩,限定世界でも最も進んだ装備を誇る米軍。特にミッションに最適な装備をチョイスできる特殊部隊はめまぐるしく変わる危機に対応して、装備の進化も迅速です。 テロや銃器犯罪が多発する情勢の中、かねてからA-TACS ixを使用している米陸軍特殊部隊グリンベレーの依頼でA-TACS ixプラットフォームを使い、都市部での迷彩効果が高いグレイ系のA-TACS GHOST(ゴースト)が開発されました。A-TACSを開発したDCS社(Digital Concealment Systems)にはかねてから司法機関等からのグレー系のカモフラージュの要望も多くあり、米特殊部隊の依頼がトリガーとなりました。 一般的に迷彩の新色は世に出る前にアメリカのショットショーや各ミリタリーイベント、ネット情報などで公開される物ですが、このA-TACS GHOSTだけはどこにも情報が公開されないまま製品としていきなり出てきた迷彩。まさにゴースト(幽霊)なのです。 製品はA‐TACSカモフラージュパターン開発当初からのブランドパートナーであるタクティカルパフォーマンス社からレリース。  近年注目度が非常に高くなって来ているウルフグレーや、既存の司法機関が採用しているブラック系のエクイップメント等も、そのまま利用出来る色合いの迷彩柄は、今後の都市地域型オペレーションや戦闘では欠かせないポジショニングを持つとされています。 ファントムに入荷中のA-TACS GHOSTアイテムの一部をご紹介いたします。※下記以外にもBDU、装備品を多数入荷しておりますので、そちらも是非ご覧くださいませ。   現時点でミリタリースペックのNYCO 50/50リップストップにnIR対応の生地の供給を受け、ユニフォーム等の製品を生産をしているの会社は、米国タクティカルパフォーマンス社とURタクティカル社に限定されています。 TP社製品の日本での販売はファントム限定です。 実はA-TACS GHOST発表前にファントム諜報部に寄せられた極秘情報では、A-TACSの新色はとある戦闘ゲームとのコラボで、ゲーム中で特殊部隊が着用する都市型迷彩との事だったのです。そして、送られてきた極秘資料のそれはほとんど今回入荷したA-TACS GHOSTと同じでした。そして名称はとあるゲームタイトルと同じGHOSTだったのです。この情報が嘘なのか誠なのか、それとも新型迷彩の情報をグリンベレーが極秘扱いにするためだったのかは謎のままです。(実話です) また、冒頭にも書きましたが、迅速に対応する特殊部隊の装備を紐解くと、今後の戦闘地域のヒントにもなります。 都市型迷彩が必要と言う事は、近い将来都市部での特殊部隊の展開が想定されると言う事です。 意外と身近な所にも世界情勢が反映されているのですね。ミリタリーサープラス・アウトドアグッズショップ ファントムブログ