ハンドガンケースと言いましても、もちろん日本では普通にブリーフケース(BAG)として使用する目的でご紹介いたします。
サイズも約縦幅25.5cm×横幅33cm×厚さ5.5cmとA4サイズの書類やノートパソコンなどにぴったりなサイズ。

そもそも良く聞くブリーフケースとは、書類や身の回りの物を入れる薄めの箱型のかばんの事で、ビジネスや普段使いで便利なサイズのBAGを言います。

今回ご紹介するのはアメリカKRYPTEKで発売されたハンドガンを携帯するBAG。アメリカでは仕事や趣味でガンを保管・携帯する機会が多いので、持ち運びに便利な機能が満載されたBAGです。日本でもサバイバルゲーマーやエアガン、モデルガン好きにはたまらない仕様です。

このBAGの大きな特徴として
1) 水に強いウォーターレジスタントのアウターシェル
2) ブラックを基調とした人気のKRYPTEK TYPHON柄
3) 全面にパットが入っているので、大事な内容物をしっかりガード
4) ジッパーを開けた片面は全面マジックテープ。そこには「アジャスタブル・ガンホルスター」「マガジンポーチ」「汎用ポーチ×2」
  が付属(取り外し・レイアウト変更可能)

写真にあるようにポーチ類を全て取り外せば十分なBAGとしてのスペースが確保でき、書類や財布などを持ち運ぶ普段使いのBAGとして使用出来ます。

全面にパッドが入っていてカッチリしたBAG形状はそのまま維持しますので、オンタイム・オフタイム問わず日常的に使えるブリーフケースです。

BKACKをベースにしたクリプテックカモ、出来る男に一役買いそうです。


phantom通信販売部BAG,CAMO,KRYPTEK,TYPHON,カモ,ガン,クリプテック,ケース,タイフォン,バッグ,ハンドガン,ブリーフケース,ミリタリー,軍物,迷彩ハンドガンケースと言いましても、もちろん日本では普通にブリーフケース(BAG)として使用する目的でご紹介いたします。 サイズも約縦幅25.5cm×横幅33cm×厚さ5.5cmとA4サイズの書類やノートパソコンなどにぴったりなサイズ。 そもそも良く聞くブリーフケースとは、書類や身の回りの物を入れる薄めの箱型のかばんの事で、ビジネスや普段使いで便利なサイズのBAGを言います。 今回ご紹介するのはアメリカKRYPTEKで発売されたハンドガンを携帯するBAG。アメリカでは仕事や趣味でガンを保管・携帯する機会が多いので、持ち運びに便利な機能が満載されたBAGです。日本でもサバイバルゲーマーやエアガン、モデルガン好きにはたまらない仕様です。 このBAGの大きな特徴として 1) 水に強いウォーターレジスタントのアウターシェル 2) ブラックを基調とした人気のKRYPTEK TYPHON柄 3) 全面にパットが入っているので、大事な内容物をしっかりガード 4) ジッパーを開けた片面は全面マジックテープ。そこには「アジャスタブル・ガンホルスター」「マガジンポーチ」「汎用ポーチ×2」   が付属(取り外し・レイアウト変更可能) 写真にあるようにポーチ類を全て取り外せば十分なBAGとしてのスペースが確保でき、書類や財布などを持ち運ぶ普段使いのBAGとして使用出来ます。 全面にパッドが入っていてカッチリしたBAG形状はそのまま維持しますので、オンタイム・オフタイム問わず日常的に使えるブリーフケースです。 BKACKをベースにしたクリプテックカモ、出来る男に一役買いそうです。ミリタリーサープラス・アウトドアグッズショップ ファントムブログ